カテゴリ:宅建士



その他生活関係 · 2020/11/13
本日は、ちょっと脱線して「あと3年」 というタイトルで私自身のことを書いてみます。

その他生活関係 · 2020/10/22
本日は、「増加する宅建士」というテーマにて記事を作成しました。

その他生活関係 · 2020/10/21
本日は、「今年の宅建試験はやさしかった」というテーマで記事を作成しました。

その他生活関係 · 2020/06/20
前々回、前回と宅建士という資格を取得することについて記事を書いてみました。その宅建士の資格試験では50問の出題があのですが、問題は「宅建業法」「法令上の制限」「権利関係」「税金その他」の4つの科目になっています。

その他生活関係 · 2020/06/19
前回の記事では、私の宅建士(受験時は宅地建物取引主任者)資格試験についてのお恥ずかしい経歴を書いてしまいました。

その他生活関係 · 2020/06/18
不動産の国家資格と言えば宅地建物取引士(以下:宅建士)です。 以前は、宅地建物取引主任者という呼称でしたが、宅建業法の改正により弁護士や税理士のように国家資格としての「士」という呼称に変わりました。

その他生活関係 · 2020/01/31
創業35周年の当社は、創業以来住宅ひと筋で歩んでおります。(住宅を手がけた顧客様よりのご依頼で数件の店舗改装実績もありますが、通常はお受けしていません) そのように長年営んでおりますが、地元密着の中小企業なので、ご不安に思われる初めてのお客様が数多くいらっしゃいます。

宅地建物取引士が資格更新のための5年毎に受講する定期講習において重きを置かれているひとつが不動産取引に伴う宅地建物取引業者と消費者とのトラブルについてです。

宅地や建物の売買を行う場合に、不動産業者の事務を行うのが宅地建物取引士(宅建士)になります。 契約の前に重要事項の説明等が行われますが、その際に事務を担当する宅建士は 宅地建物取引士証を提示しなければならないことが宅建業法第35条第4項に定められています。

平成26年に宅地建物取引業法(宅建業法)が改正されて、宅地建物取引主任者の名称が宅地建物取引士に変わりました。 宅地建物取引士(宅建士)は、(1)重要事項説明(宅建業法第35条第1項)(2)重要事項説明書への記名押印(同 条第4項)(3)契約締結時に交付すべき書面への記名押印(同法第37条第3項)の3つの業務が専管事務として定められています。

さらに表示する