カテゴリ:外壁塗装



本日は、リノベーションをお考えの方に「引き算の住まいづくり」というテーマにて記事を作成しました。

本日は、家を長持ちさせたいあなたへ 「家の塗装は本当に必要ですか?」というテーマにて記事を作成しました。

「一般の方に家を長持ちさせるには、どうすればいいと想いますか?」と質問をするとちょっと困りつつも「屋根とか外壁を塗装する」と回答される方が一般的です。 メーカーや建材商社などの住宅業界関係者や施工する会社や職人でもそのように思い込んでいる人が結構多いのです。

この季節、20年を過ぎた住宅が多い団地内では至る所で足場が立っています。 屋根とか外壁の塗り替えが行われているんですねぇ。 「外壁や屋根が汚れたから洗浄して塗装してキレイにしましょう!」ということです。

木造住宅は、木が腐って長持ちしないけれどもヒノキなら強いから大丈夫というような話が常識化してきたのが、これまでの住宅業界です。確かにヒノキやヒバなどの高級木材は、独特の匂いのもととなるフェノール性成分により腐りにくい性質ではあります。しかし、腐らない訳ではありません。

台風15号により送電線や電柱が損壊したことで千葉県では長い停電になりました。電柱1,996本が損壊や傾斜してしまったと令和元年10月25日に東京電力パワーグリッド株式会社が公表した「停電復旧に向けた対応等について(報告)」に記載されていました。

戸建分譲から20年を過ぎた団地になると 足場が建って屋根や外壁塗装工事を行う 家を見かけるようになります。 風雨にさらされ、家は汚れたり、色あせてきたりするので、塗装によりキレイにし見栄えをよくすることを目的としてリフォーム工事が行われます。

住宅リフォームの適齢期は築15年から築30年になります。建物の劣化や設備の交換時期による場合とライフステージの変化による場合にリフォームが行われるのが一般的です。 スイコーは創業35年目になりますが、これまで携わってきたリフォーム工事の9割以上が現金支払いでしたが、

春になると団地内には、至る所に足場が立っていきます。 仙台は雪がそんなに多くなく、冬期間も塗装工事を行えているのですが、 「暖かくなったら」 とのお客様の要望が多くて、 春になると一斉に外壁や屋根の塗装工事が始まるような印象です。 スイコーの顧客様も、そのようなご要望があって春になると外壁屋根等のメンテナンス工事が多くなります。