ブログカテゴリ:高齢者世帯



両親は現在仙台市中心部のマンションに居住しています。 東日本大震災にて、泉区八乙女中央に居住していた一戸建住宅が大規模半壊になってしまい、修理そして建替を検討したものの先々のことを考えて仙台市中心部にマンションを購入して住んでもらうことにしました。

高齢化が進む状況から目をそらさずに早い段階から高齢後の住居について考える機会。

高齢期に入って預貯金が結構あっても「老後への不安」として自宅の老朽化だったり、冬寒く、夏暑くてもガマンする生活をされている方が多い状況下にあって、金銭の不安が軽減されて生活が改善されるウソのような方法があります。

住宅を購入する時には、その時点での住宅資金と家族状況そしてライフスタイルにて物件が選ばれる傾向にあります。そのような中で戸建住宅は平均築20年から築25年で解体されてきました。人生100年時代に突入した昨今、理想的な住宅購入について考える資料があります。