カテゴリ:耐震診断



前回の記事で触れましたが、台風19号による暴風雨の中で震度4の地震があったことは、住まいづくりの担い手としては大変衝撃的なニュースでした。台風19号による被害が広域で河川の決壊が目立っていたからかもしれませんが、地震のことについてはあまり触れられていません。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

さらに表示する