ブログカテゴリ:耐震



先日、長町利府活断層を震源とする震度6強が発生したことを想定した避難訓練が仙台市内にて行われていました。東日本大震災から8年以上が経ち、震災後に生まれた子供も小学生。小学校への通学や遊びによる行動する範囲が広がっていく状況にあり、大きな地震が発生した場合には、自ら安全確保をする必要に迫られるかもしれません。

人生100年時代の長寿命化社会でシニア世代の中には、家族や親戚に迷惑をかけたくないと思われる方が数多くいらっしゃるようです。そのためにはなんと言っても健康寿命を延ばすことが大切ですよね。

頻発する地震、特に大地震による被害が発生し、被災者は長期間に渡って避難所そして仮設住宅での生活が続きます。阪神淡路大震災では、6434人が亡くなられ、住宅被害が約64万棟です。その多くが住宅の倒壊によるものです。

前回の記事で触れましたが、台風19号による暴風雨の中で震度4の地震があったことは、住まいづくりの担い手としては大変衝撃的なニュースでした。台風19号による被害が広域で河川の決壊が目立っていたからかもしれませんが、地震のことについてはあまり触れられていません。

東日本大震災の折に住まいに被害があったものの地震保険に加入していなかったために、修繕費用等の持ち出しが大きすぎて十分な修繕等が出来ないまま生活を続けていらっしゃる方が少なくなりません。夏暑く冬寒いという状況に、不便さ、不自由さが加わり危険性が増した生活になっているケースも見受けられます。

戸建住宅のリフォームにおいて難易度が高いと言われるのが「耐震性能」「省エネ性能(断熱性能を含む)」「劣化性能」を向上させるリフォームです。そのリフォーム工事にて住宅の基本性能等を向上させる上では調査が必ず必要です。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

戸建住宅の耐震性は、新築した当時の建築基準法により旧耐震基準・新耐震基準・現行耐震基準の3つに区分されます。平成28年熊本地震では比較的新しい住宅も被害を受けています。それは、どのような耐震性能で建築したのかで大きな違いになっていることが分かってきました。わかり難いと言われる住宅の耐震診断そして耐震補強について解説していきます。

さらに表示する