お宝物件を見つける手段 仙台不動産情報ライブラリーcolumn123

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント

仙台不動産情報ライブラリー

を運営しています

スイコーの澤口です。

 

本日は

お宝物件を見つける手段

 

というタイトルで

情報配信をしたいと思います。


○仙台市内の築25年以上のマンション物件


マンションは新築してから25年も過ぎてく

 

ると売りにくいというのが不動産業界の認

 

識です。

 

 

売りにくいということは、買い手がつきに

 

くいということなので、売主の希望する販

 

売価格よりも価格が下がる傾向が強くなる

 

ということです。

 

 

そのため25年過ぎの物件の中には、お宝

 

物件になっている物があるのです。


○同じ築年数でも質が違う


仙台の団地内にはまったく同じ間取りの建売

 

住宅があります。リフォームやメンテナンス

 

等の依頼があって家に入った時に

 

「あれっ? 前にも来たことがあるかも?」

 

と思うのですが、同じ間取りの違う家である

 

ことに気づきます。

 

 

販売開始が同時で、同じ区画内の同じ間取

 

りなのにも関わらず、建物の劣化状況がま

 

ったく違ったりするのです。


○マンションの部屋も状況が違う


マンションもやはり各戸によって劣化状況が

 

違っています。メンテナンスをしている部屋

 

とメンテナンスがしていない部屋とでは、そ

 

れは著しい差になります。


○お宝物件を探す調査方法


最近の新築住宅では「住宅履歴情報」(いえ

 

かるて)を保管する業者が増えてきました。

 

この「住宅履歴情報」には建築時の設計図書

 

等や施工等の情報、入居後からのメンテナン

 

スやリフォームの工事履歴等を保管していく

 

仕組みです。

 

 

この「住宅履歴情報」を扱える住宅業者に依

 

頼してメンテナンスを適宜行っていれば、メ

 

ンテナンスの履歴があるので買い手にとって

 

状況把握がし易くなります。

 

 

このような「住宅履歴情報」を扱え、かつ既

 

存住宅状況調査技術者が在籍している住宅事

 

業者に、物件のインスペクション(既存住宅

 

状況調査)を実施してもらうことでお宝物件

 

なのかそうではないのかを判断してもらう方

 

法もあります。

 

 

物件購入で失敗しないためには、少なくとも

 

インスペクション(既存住宅状況調査)をさ

 

れることをおすすめします。

 

 

仙台市内で活動する

仙台不動産情報ライブラリー

(運営:株式会社スイコー)の

澤口(さわぐち)でした。

 

何かご不明な点等は

お気軽にご連絡ください。

Tel:022-374-0011

 

 

 

 

※不動産事業者間の情報が毎日届くAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/robo

簡単な説明はこちら

 

※買ってはいけない物件が分かるAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/

簡単な説明はこちら