カテゴリ:高齢期



本日は、これから家を購入するご家庭に「長期的な生涯住居費用を考えて家を買う」というテーマにて記事を作成してみました。

本日は「65歳を超えてからの就業を見据えて住生活を考える」というタイトルにて記事を作成してみました。

本日は「人生100年時代の住生活を考える」というテーマにて記事を作成しました。

両親は現在仙台市中心部のマンションに居住しています。 東日本大震災にて、泉区八乙女中央に居住していた一戸建住宅が大規模半壊になってしまい、修理そして建替を検討したものの先々のことを考えて仙台市中心部にマンションを購入して住んでもらうことにしました。

高齢化が進む状況から目をそらさずに早い段階から高齢後の住居について考える機会。

日本は世界に例がない超高齢者社会に突入しています。 その人生100年時代にあたって、高齢になってからの健康で快適な暮らしをどのようにすればいいのかの先例がないために、事前に十分な備えをしないまま80代・90代を迎えています。 そのような状況を改善するために国がガイドラインを作りました。その名も「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」です。