カテゴリ:既存不適格建築物



お宝物件だと思って購入を決めた中古住宅。早く購入することを決めないと、すぐに他の買い手がついてしまうのがお宝物件。 仲介をしてくれた不動産業者から「インスペクション」のあっせんについて説明を受けたものの費用がかかること、何よりもその意味をよく理解出来ていなかった。 内見をしてみたらキッチン、お風呂、トイレが新しく、壁も床もリフォームされているから大丈夫だろうと思って購入を決断。

リフォームをしていたら、いつの間にか我が家が違反建築物になっていた。このようなことが起こりえるのがリフォーム工事です。違反建築物になってから適法の建築物に直すには、リフォーム工事にかけた費用よりもかかってしまう可能性が高くなります。

スマホで物件探しが簡単にできるようになって、売り物件の価格比較や立地比較など、様々な条件で欲しい物件を探せるようになっています。そのような中で驚くような安い価格の物件が見つかることも。

名刺に二級建築士と資格名を入れているのに「なんちゃって建築士です〜」という方が稀にいます。建築士としての業務を行うつもりがないのに、資格を持っていることをアピールしたいとのことです。そのような「なんちゃって建築士」が多い理由についてまとめてみました。