ブログカテゴリ:新築マンション



前回は、戸建住宅において注文住宅と建売住宅そして中古住宅における購入者の選択理由について記事を配信しました。 今回は、同じようにマンションについて記事をまとめてみます。

マンションは新築後に定期的な大規模修繕を必要とします。マンション大規模修繕工事の発注等において、施工会社の選定に際し、発注者たる管理組合(マンション区分所有者等による団体)の利益と相反する立場に立つ設計コンサルタントの存在が指摘されています。

9月2日の日本経済新聞朝刊3面に「マンション 中古が主役」という記事が掲載されました。今回は、新築よりも中古が主流になったマンションについて簡単にまとめてみました。

東日本大震災後から続々と供給が続いてきた仙台市内の新築分譲マンションですが、「そろそろ価格が下がるのでは?」 と言われながらもなかなか落ちてきそうもない状況のようです。「いつが買い頃なの?」と質問を受けることがありますが、

先日、友人に会った際に息子さん夫婦が新築マンションを購入したと言うのです。それもちょっとがっかりした感じで場所は仙台市太白区長町立地としては申し分のない条件。

マンションを購入する際に必ずチェックする修繕積立金の月額。月々の負担額ばかりに目が行きがちですが、修繕積立金の目的は大規模修繕等によってマンションを維持するためです。仙台市内のマンションの修繕積立金の相場状況から考えてみましょう。

仙台市内の年別のマンション分譲棟数から考える中古マンション物件購入について

マンションの修繕積立金は、必要なものであり、区分所有者同士が協力しあって支出を減らす取り組みをすることで負担の軽減を図ることが求められる時代になっています。

マンション購入時には、意味を十分に理解しないまま将来に困ってしまうケースがある修繕積立金。2つの積立方式の違いが大きな差を生む。

マンションを購入する時に考慮する項目のひとつ「間取り」について、調査データを元にまとめてみました。

さらに表示する