ブログカテゴリ:リフォームローン



高齢期に入って預貯金が結構あっても「老後への不安」として自宅の老朽化だったり、冬寒く、夏暑くてもガマンする生活をされている方が多い状況下にあって、金銭の不安が軽減されて生活が改善されるウソのような方法があります。

住宅リフォームの適齢期は築15年から築30年になります。建物の劣化や設備の交換時期による場合とライフステージの変化による場合にリフォームが行われるのが一般的です。 スイコーは創業35年目になりますが、これまで携わってきたリフォーム工事の9割以上が現金支払いでしたが、