ブログカテゴリ:マンション



「住宅の不動産価格指数」が四半期毎に国土交通省より公表されています。 令和元年12月・第4四半期分が令和2年3月25日に公表されました。仙台市のマンション人気が東北のマンション(区分所有)の指数にしっかりと表れている様子です。

仙台市内には高級マンションが次々に建設され、マンション生活がステイタスのような印象です。 大都市圏ではマンションの人気が高いために週刊誌等にマンションに関連する記事が増えたように思います。 現在発売されている2つの週刊誌でも特集されていました。

ここ最近の記事にて仙台市内にマンションを購入する方、すでに仙台市内のマンションに居住の方向けに国内のマンション関連情報を小分けにして記事配信しています。

適切な維持管理が行われていない高経年マンションでは、マンションの2階廊下部分が崩壊、外壁・手すりが崩落、外壁の剥落、鉄骨の露出などの問題があり、居住者のみならず近隣住民等の生命・身体に危険を生じさせていたりします。

令和2年2月9日(日)の日本経済新聞朝刊1面に「マンション管理認定制度創設」「国交省、優遇措置も検討」という見出しの記事が掲載されていました。 現在の国会において令和2年度予算の審議が行われていますが、国土交通省は適切に管理しているマンション物件を認定する「管理計画認定制度」をマンション管理適正化法の改正案に盛り込むという記事です。

仙台市内にこれから住宅を購入しよう、仙台市内の持ち家を売却しようと考えている方は、仙台市内の不動産価格の動向は気になるところですよね。最新の不動産価格指数動向について記事にしてみました。

仙台市内にマンションを購入する場合に駐車場スペースが沢山合った方がいいと思うものの、それが後々大きな負担に変わってしまうとしたら?

前回は、戸建住宅において注文住宅と建売住宅そして中古住宅における購入者の選択理由について記事を配信しました。 今回は、同じようにマンションについて記事をまとめてみます。

昨年の台風19号により住みたい街ランキングで上位に入る武蔵小杉のタワーマンションが漏水被害を受けて停電のためにエレベーターが使えないとか水道が使えないという生活に大きな支障を及ぼす被害になっていました。 タワマンは地震や台風に強いと言われ立地も利便性の高いことからステイタスの高い居住先というイメージがありましたが、もしかするとそのイメージが瓦解していく序章なのかもしれません。 仙台市内にもタワマンや大規模マンションが次々に分譲されており、マンション人気が高くなっていますが、今回、戸建住宅についての視点を考えてみます。

令和元年12月15日の河北新報朝刊27面に 大きな見出しで「老朽マンション 放置状態」という記事がありました。 仙台市中心部の老朽化したマンションが十分なメンテナンスが施されておらず、

さらに表示する