カテゴリ:マンション



令和2年6月26日に公表された令和2年3月・令和2年第1四半期分不動産価格指数(季節調整値)によると全国の住宅総合は前月比0.1%増の114.2(前年同月比0.7%増)、住宅地は99.0(対前月比3.2%減)、戸建住宅は102.0(対前月比0.8%増)、マンション(区分所有)は151.7(対前月比0.5%増)でした。

このところ毎日のように全国のどこかで震度4クラスの地震発生のニュースが入ってきます。 宮城県に長年居住していると震度4程度までなら驚きもしない人が少なからずいらっしゃいますが、(私もそのひとりで、先日の震度3の時は車の運転中で気づきもしませんでした。)

その他生活関係 · 2020/06/05
数年前に新築の分譲マンションを購入した際に、自動的に管理組合に入りました。簡単な説明だけでです。 まぁ、区分所有法の内容とか、管理組合とはどのようなものなのか、既存の多くの管理組合がどのような傾向なのかなどを詳しく説明しようとしても、1日で終わるような話でもないし、1度に理解するのもかなり大変なので現実的ではないので、簡単な説明が妥当なのだとは思います。

その他生活関係 · 2020/05/06
外出自粛生活。マンションと戸建住宅での違いを感じる出来事が体験。やっぱり戸建がいいかな?

マンションを購入する時に、他の人は年収の何倍くらいまでの価格のマンションを購入しているのかを気になったりしませんか?他人がどうなのかなどをまったく気にしないという人には、つまらないデータかと思いますが、ちょっとした参考になるかもしれません。

「住宅の不動産価格指数」が四半期毎に国土交通省より公表されています。 令和元年12月・第4四半期分が令和2年3月25日に公表されました。仙台市のマンション人気が東北のマンション(区分所有)の指数にしっかりと表れている様子です。

仙台市内には高級マンションが次々に建設され、マンション生活がステイタスのような印象です。 大都市圏ではマンションの人気が高いために週刊誌等にマンションに関連する記事が増えたように思います。 現在発売されている2つの週刊誌でも特集されていました。

ここ最近の記事にて仙台市内にマンションを購入する方、すでに仙台市内のマンションに居住の方向けに国内のマンション関連情報を小分けにして記事配信しています。

適切な維持管理が行われていない高経年マンションでは、マンションの2階廊下部分が崩壊、外壁・手すりが崩落、外壁の剥落、鉄骨の露出などの問題があり、居住者のみならず近隣住民等の生命・身体に危険を生じさせていたりします。

令和2年2月9日(日)の日本経済新聞朝刊1面に「マンション管理認定制度創設」「国交省、優遇措置も検討」という見出しの記事が掲載されていました。 現在の国会において令和2年度予算の審議が行われていますが、国土交通省は適切に管理しているマンション物件を認定する「管理計画認定制度」をマンション管理適正化法の改正案に盛り込むという記事です。

さらに表示する