これからの時代の住宅すごろく 仙台不動産情報ライブラリーcolumn91

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント

仙台不動産情報ライブラリー

を運営しています

スイコーの澤口です。

 

本日は

これかの時代の住宅すごろく

 

というタイトルで

情報配信をしたいと思います。


住宅事情の変遷から分かること


戦後の住宅難から共同住宅団地の建設、三種

 

の神器として白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の

 

普及、高度経済成長期に入り、戸建分譲型の

 

団地に庭付き一戸建を購入するのが男として

 

一人前みたいな風潮になり、居住についての

 

「住宅すごろく」

 

が出来上がって行きました。


人生ゲーム


その当時に発売されたのがボードゲームの

 

「人生ゲーム」です。

 

これなども「住宅すごろく」と同じような

 

コンセプトだと思います。

 

 

スタートからゴールまでの間に様々なハプ

 

ニングやイベントがあり、コマとして使用

 

する車に水色とピンク色のピンを加えなが

 

ら、家族を形成して幸福を目指してゴール

 

するゲーム。子供時代に大いに楽しんだも

 

のでした。

 

 

余談ですが、その「人生ゲーム」は2018年

 

に日本発売50周年になり、ブームが再来し

 

ているようです。


ほんとうに新人類とかバブル世代だったのかな?


バブル経済期に、社会デビューした私は、建

 

売住宅が工事完成前から抽選でバカバカ売れ

 

ていく様を身近で体験しました。

 

 

20倍以上の抽選になっているのだと元請の監

 

督から教えられた時には、家を手に入れるの

 

が大変なんだなぁと思ったものです。

 

 

そのため現場は突貫工事続きであり、残業が

 

月100時間越えがザラでした。休日も月に3日

 

から4日。スイコーは、下請け工事会社とし

 

てバブル期の華やかさの裏面を歩んでいたの

 

です。


物の豊かさから心の豊かさへシフト


それまでの物を所有することが人生の幸福と

 

いう時代から、物が溢れて余りだし、物を所

 

有することだけでは満たされない心の時代へ

 

シフトしていきました。

 

 

心の豊かさへの渇望がバーチャル世界やサブ

 

カルチャーという新しい文化を形成しつつあ

 

るように思いますが、その一方で長寿命化の

 

進行と人間関係の絆の希薄化により、安心安

 

全快適な住生活の維持がとても難しくなって

 

います。従来のパターンでは通用しなくなっ

 

ているからです。


新たな住宅すごろくとは


そこで、考えなければならないのが

 

「新住宅すごろく」です。

 

ライフステージやライフスタイルによって

 

柔軟に住み替えることが可能な社会構造が

 

必要です。

 

 

それには、住宅が売却しやすいということ。

 

リセールバリューが高いということが必要

 

不可欠です。

 

 

リセールバリューの高い住宅を購入するには?

 

リセールバリューの高い住宅を新築するには?

 

自宅のリセールバリューを高めるには?

 

 

などの情報について、スイコーが主催してい

 

る新築向け、リノベーション向けの各セミ

 

ナーにて学ぶことが可能です。

 

おすすめです。

 

 

仙台市内で活動する

仙台不動産情報ライブラリー

(運営:株式会社スイコー)の

澤口(さわぐち)でした。

 

何かご不明な点等は

お気軽にご連絡ください。

Tel:022-374-0011

 

 

 

 

※不動産事業者間の情報が毎日届くAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/robo

簡単な説明はこちら

 

※買ってはいけない物件が分かるAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/

簡単な説明はこちら