カテゴリ:相続



人口100万人を越え、中心市街地に次々と分譲大規模マンションが新築され仙台市泉区の郊外には分譲開始が待たれる大規模団地が造成されている仙台市ですが、新築物件の供給が進む一方で空き家も増加しているのです。

全国各地、都会も地方も市街地も郊外も田舎も仙台市内でも空き家の増加が続いています。空き家の増加による社会問題が深刻化しつつありテレビ番組でも空き家問題が何度も取り上げられています。

これからは仙台市内も家余りの時代になっていきます。例えば少子化が進んでいることからひとりっ子同士が結婚した場合双方の親が住んでいる家のどちらかを相続して住み継いだとしてももう1件の家は空き家になってしまいます。 賃貸にするという手段もありますが、なかなか上手くいかないケースもみられ

毎年8月頃に国税庁が発表している路線価、道路に面した標準的な宅地1平方メートルあたりの土地の評価額があります。

親から親が住んでいた家と200坪の土地、6世帯のアパートを相続したとします。 200坪の土地は、3区画に分けられる長方形の土地です。

親が所有していた老朽化した家(空き家状態)。修理をしても居住出来るようにするには数百万円の費用が必要。すでに自宅を所有しているため、直して住むわけでもなく、賃貸にするにしてもそれだけの費用をかけてまで行うのも収支が見合わない。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「相続の効力等に関する見直し」があります。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「遺留分制度に関する見直し」があります。

明日から8月になります。この7月1日より施行された改正民法の相続法関係ですが、1ヶ月が過ぎたものの思っていたほど話題に上がっていない印象です。

田舎から仙台へ来て就職した人の中には、親の介護のためにUターンをしていくという方がいらっしゃいます。スイコーの棟梁もそのひとりです。これまでのキャリアを手放し、地元へ帰って行きました。数年前に取引先メーカーの担当営業さんも会社を辞めて実家へ戻っていかれたケースがありました。

さらに表示する