ブログカテゴリ:相続



親から親が住んでいた家と200坪の土地、6世帯のアパートを相続したとします。 200坪の土地は、3区画に分けられる長方形の土地です。

親が所有していた老朽化した家(空き家状態)。修理をしても居住出来るようにするには数百万円の費用が必要。すでに自宅を所有しているため、直して住むわけでもなく、賃貸にするにしてもそれだけの費用をかけてまで行うのも収支が見合わない。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「相続の効力等に関する見直し」があります。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「遺留分制度に関する見直し」があります。

明日から8月になります。この7月1日より施行された改正民法の相続法関係ですが、1ヶ月が過ぎたものの思っていたほど話題に上がっていない印象です。

田舎から仙台へ来て就職した人の中には、親の介護のためにUターンをしていくという方がいらっしゃいます。スイコーの棟梁もそのひとりです。これまでのキャリアを手放し、地元へ帰って行きました。数年前に取引先メーカーの担当営業さんも会社を辞めて実家へ戻っていかれたケースがありました。

2019年7月1日に国税庁が発表した路線価上昇率において宮城県は全国3位でした。路線価は相続税や贈与税の税額を算定する基準になります。自己所有の住宅をリフォームするのか、建て替えるのか、それとも売却して住み替えるのかを検討する上での路線価との関係性について。

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント 仙台不動産情報ライブラリーを運営していますスイコーの澤口です。 本日は 万が一の時に後悔しないため、把握しておきたい相続順位と相続分 というタイトルで情報配信をしたいと思います。 ○相続の複雑化によって相続争いへ...

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント 仙台不動産情報ライブラリーを運営していますスイコーの澤口です。 本日は 昭和55年以来の大改正 配偶者の居住を長期的保護 というタイトルで情報配信をしたいと思います。

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント 仙台不動産情報ライブラリーを運営していますスイコーの澤口です。 本日は 昭和55年以来の大改正 配偶者の居住を短期的保護 というタイトルで情報配信をしたいと思います。 ○ご主人が亡くなられた場合に、そのまま奥さんが自宅に居住し続けられないケース...

さらに表示する