ブログカテゴリ:次世代住宅ポイント



新築 · 2019/10/21
消費税10%への引き上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して商品と交換できるポイントを付与する「次世代住宅ポイント制度」の9月末時点での実施状況が国土交通省から公表されました。

新築 · 2019/10/02
こんにちは! 仙台市の不動産エージェント 仙台不動産情報ライブラリー を運営しています スイコーの澤口です。 本日は 消費税率引上げによる次世代住宅ポイント制度の次世代って? というタイトルで 情報配信をしたいと思います。

とうとう消費税増税になってしまいました。1500万円の土地を購入して、3000万円の住宅を新築したら、消費税は、(1500万円+3000万円)×10%=450万円ではないんですね。 土地には消費税がかからないので、3000万円×10%=300万円になります。 8%の時にならば、3000万円×8%=240万円、60万円の税負担が増えたことになります。

明日の2019年10月1日より消費税が8%から10%へと変わります。軽減税率やキャッシュレス決済など、どうすれば損をしないのかなぁなどと調べてみたものの、何となく踊らされているような気になってしまいました。 おおよそ把握したところで安全性が高い SuicaでJRE POINTを使えるようにしました。

新築 · 2019/09/19
あともう少しで消費税率が10%になります。軽減税率のことや電子決壊のことなど考えなければならなくなり2%上がる以上の負担感に思えています。「もう分からないから仕方ない」と諦められている人も少なくないのでは。しかし、住宅の場合には、新築もリフォームも2%の増税は大きな負担になってしまいます。そこで国は負担軽減策として「次世代住宅ポイント制度」を用意しています。今回はその状況についての情報提供です。

新築 · 2019/08/27
消費税率が10%に上がるにあたり5%から8%の時のように駆け込み需要が住宅業界にも発生すると見込まれていましたが、どうやら前回の時のような大きな駆け込み需要になっていない様子です。

次世代住宅ポイント制度が消費税率引上げに伴い活用することができます。リフォームにおいて通常30万ポイント/戸が上限のところを45万ポイント/戸に引き上げられるのが「安心R住宅」です。

「次世代住宅ポイントで商品交換できるからお得ですよ!」には、どうやらなりそうもない印象です。消費税増税対策なのに、制約条件つけすぎた結果では?

次世代住宅ポイント発行申請手続きが6月3日(月)から受付開始しました。10月1日からの消費税増税の影響を軽減するための制度です。効果的に使えるよう内容をご確認ください。

消費税が8%から10%へ増えるまで半年をきり、大変なるなぁという漠然としたネガティブな感情が増えてきました。 5%から8%に上がった後の大変さを思い出します。消費税はお客様からお預かりしたお金をそのまま納税するだけなのに、出て行くお金が増えたような印象になっていました。