カテゴリ:建築士事務所



その他生活関係 · 2020/10/05
本日は、建築業界の裏話に興味のある方向けに「建築士事務所と建築士」というテーマにて記事を作成しました。

本日は、リフォーム業界の裏話「建築士に辞められて頓挫」というエピソードを記事にしてみました。

新築 · 2020/09/14
本日は、住宅業界内の裏話に興味がある方に「建築士は使い物にならない」というテーマにて記事を作成してみました。

新築 · 2020/07/08
本日のコラムが601号目です。これで600日連続配信になりました。 最初は、たまにサボりつつ1年間やろうという緩い感じにてスタートしました。 でも、1日休むとずるずる休みが増えそうな気がしたため、途中から逃げ道を封鎖して1年間は頑張ろうと考えを改めました。

新築 · 2020/06/17
家を建てた時の業者、リフォームした時の業者の管理建築士が誰なのかご存知だったでしょうか? 担当した建築士ではないので、大概の人はご存じないかもしれません。 もしかしたら「一級建築士と管理建築士とでは何が違うの?」と思われたかもしれませんね。

その他生活関係 · 2020/06/13
住まいづくりにおいて、特に新築では建築士が必要になります。建売住宅の場合には、すでに完成しているので建築士と設計プランニングで打ち合わせることがありません。注文住宅の場合には、たいていは建築士との打合せが入ります。その建築士ですが、資格を取得することはかなり大変なのです。

模様替えリフォームは建設業ではない業者も営む営業種目として広く行われています。 しかし、前回・前々回の記事のような模様替えリフォーム工事の場合には、技術者が所属している業者に依頼されることをおすすめします。

弁護士は、司法試験に合格しなければ ならないことは多くの人が知っている ことかと思います。その司法試験は、誰でも受験できる訳ではありません。 法科大学院の課程を修了しているか(宮城県では東北大学法科大学院もしくは東北学院大学法科大学院)司法試験予備試験の合格のいずれかが必要です。税理士になるための、税理士試験の場合にも受験資格が必要です。 そして、建築士も弁護士や税理士同様に受験資格が必要になります。

新築 · 2019/12/24
前回は、4名の一級建築士が処分関連の記事を配信しました。 うち3名が免許取消処分になりました。免許を取り消されると、取消の日から起算して5年を経過しないと再び建築士の免許を取得することが出来ません。 そしてそれは、学科試験と設計製図試験に合格する必要があります。

新築 · 2019/12/23
アパートやマンションなどの共同住宅は、隣戸との間に界壁を設けなければ なりません。 これは、建築士でなくても現場で工事に携わる現場監督や大工職などならば当たり前なことではないかなと思います。

さらに表示する