ブログカテゴリ:住宅ローン



フラット35を利用して中古住宅を購入する場合には、適合証明が必要となります。新築でもそうなのですが、中古住宅を購入したのに住めないとか、すぐに修理が必要になるとかがないように住宅の購入者を守ると共に、住宅購入資金を貸し付けた住宅が不良債権にならぬように住宅金融支援機構は、中古住宅の技術基準を設けています。

2019年10月のフラット35金利は、20年以下が0.86%と先月から0.01%増、21年以上が0.91%と先月と同じ低水準のままになりました。

給与振り込みされている金融機関に行って住宅ローンの相談をしてみたものの、審査が通らずに断られてしまったとしたなら、少なからずショックを受けてしまいますよね。

私が家を購入したのが平成3年です。変動金利が8%を超えているとても高かった時代です。低金利が20年以上続いているので、金利は低いのが当たり前のようになっており、8%を超える金利があったことなど信じられない人もいるかもしれません。

賃貸マンションに住んでいる独身者より 中古マンション購入についての相談があ ります。仙台市内では新築マンション建築ラッシュが続いてきた影響で、良質な中古マンション物件も増えて来ていることや、

2019年9月のフラット35の金利は、過去最低金利になった2018年8月に近づく金利になりました。

多くの人が家を購入する場合に住宅ローンを使います。そしてそのほとんどの方が初めてのことになります。どこから借りるのかについては、銀行からということをお分かりですが、実際に借りる場合にはとなった場合に、給料振込されてい る銀行口座のある支店から借りるものという思考になっている様子です。

昨日、七十七銀行と住宅金融支援機構が 主催した「リバースモーゲージセミナー」へ参加してきました。「リバースモーゲージ」という名称は少しずつ認知度が上がってきた印象ではあるものの、住宅事業者で働いている人ですら知らない人が少なくないのが現状です。もしかしたら参加者が数人程度ではないかと思いつつ会場へ行ったら、定員に達しているような多さに正直驚きました。

高齢期に入って預貯金が結構あっても「老後への不安」として自宅の老朽化だったり、冬寒く、夏暑くてもガマンする生活をされている方が多い状況下にあって、金銭の不安が軽減されて生活が改善されるウソのような方法があります。

住宅リフォームの適齢期は築15年から築30年になります。建物の劣化や設備の交換時期による場合とライフステージの変化による場合にリフォームが行われるのが一般的です。 スイコーは創業35年目になりますが、これまで携わってきたリフォーム工事の9割以上が現金支払いでしたが、

さらに表示する