カテゴリ:住宅ローン



自粛要請、自粛ムードにより収入が減少になったのでご主人のこづかいを減額したり、家計をやり繰りして、何とか住宅ローンの支払いを続けようと考えてみたけれども、どうにも生活費が不足してしまう。

収入が減少、減少する見込みがあり、住宅ローンの支払いが困難になってしまう方は、金融機関が相談窓口を設けているので早めに相談してください。

低金利が続いていることもあり住宅ローンの金利タイプについて「変動金利型」を選択される方が多く占めています。 その次の多いのが「固定金利期間選択型」を選択している方です。 しかし、これが悩みどころのようです。

住宅ローンと言えば金利タイプによって「変動金利型」「固定金利期間選択型」「全期間固定金利型」に大きく分類されます。 しかし、金融機関によって様々な住宅ローン商品があって金融期間のHPで調べてみても比べるのがちょっと面倒に感じてしまうほど複雑な印象です。

平成30年度の個人向け住宅ローンの貸出総額は19兆1,358億円です。その貸出内訳に変化が見られます。

「住宅ローンは、どの金利タイプがいいの?」という問い合わせに、正しい答えは? その前に、まず確認しておきたいことのひとつについて記事にしています。

住宅を購入する多くの人が利用するのが住宅ローンです。しかし、銀行に行く度に住宅ローンのポスターやパンフレットを目にしているはずなのに実際に使うタイミングになってみると分かっているようでまったく分かっていないことに気づくのが住宅ローンです。

長期優良住宅を対象にした最長50年のフラット50もあって住宅購入の際に住宅ローンを利用する場合に、妥当な返済期間がいったいどのくらいなのだろうかと不安になられる方が沢山いらっしゃいます。

少年期や青年期が戦時中だった方々は我慢強い傾向があって豊な時代に変わったとしても部屋が寒かろうと暑かろうともそれが当たり前という感じで生活される方を多く見受けられました。 私が社会に出た頃はバブル期へ突入していく時代であり新人類と呼ばれ、

4ヶ月連続して上昇していた金利が、また下がってしまいました。

さらに表示する