カテゴリ:中古住宅



本日は中古マンションの購入を検討している人向け記事です。まだ試験的運用ですが、中古マンションは売り時を考えて購入される人が増えつつあるので参考になるかもしれません。

中古住宅や中古マンションの購入時の契約が成立した時に不動産業者から交付される書類があります。 それを37条書面と呼びます。 「契約締結後、遅滞なく交付する」ということになっており、宅建士の記名押印がされています。その記載事項の中に

従来のリフォーム工事とはちょっと違う長期優良住宅化リフォームで、古い家を新築以上にしてしまう。実績はまだまだ少ないものの、選択する人が確実に増えています。

仙台市内には中古住宅売却物件が増加しています。空き家が増加している中で売却物件も増加していることはこれから流通量が増加することを期待できます。 そのような中古住宅市場ですが、流通量を把握する上で参考になるのが、国土交通省が試験運用している「既存住宅販売量指数」です。

お宝物件だと思って購入を決めた中古住宅。早く購入することを決めないと、すぐに他の買い手がついてしまうのがお宝物件。 仲介をしてくれた不動産業者から「インスペクション」のあっせんについて説明を受けたものの費用がかかること、何よりもその意味をよく理解出来ていなかった。 内見をしてみたらキッチン、お風呂、トイレが新しく、壁も床もリフォームされているから大丈夫だろうと思って購入を決断。

住宅購入を購入する場合には、多くの人が新築から検討し始めるようです。それも「注文住宅」または「分譲新築マンション」からです。 戸建住宅を希望する人は、仙台エリアに住宅総合展示場があるので気軽に見学に行けます。 そのようにして「注文住宅」から検討し始めるようです。

中古一戸建住宅を選ぶ理由、中古マンションを選ぶ理由、民間賃貸住宅を選ぶ理由、それぞれに理由があり特徴があります。これから住まいの購入をご検討の場合には、新築注文住宅、分譲戸建住宅、分譲マンションに中古物件についての選択も加えてご検討ください。

当社は創業より住宅ひと筋で営んでいる創業35年周年の住宅専門店です。住宅の新築・リノベーション・不動産売買仲介のワンストップサービスを提供しています。 創業時は大手ハウスメーカーの住宅新築工事の下請けをしていました。平成8年に脱下請け化へと舵を切り、元請会社として現在に至ります。 その間に数多くの戸建住宅そしてマンションのリフォーム工事の依頼を受けてきました。

次の図は三大都市圏の注文住宅、分譲戸建住宅、中古戸建住宅、それぞれの購入価格と年収倍率の推移です。

新型コロナウイルス感染拡大によりマスク不足が続いていますが、マスクの再利用はさすがに怖いので使い捨てしています。 使い捨てしながら、残数が気になるという状況は精神的によくないと感じています。

さらに表示する