ブログカテゴリ:中古住宅



前回の記事で触れましたが、台風19号による暴風雨の中で震度4の地震があったことは、住まいづくりの担い手としては大変衝撃的なニュースでした。台風19号による被害が広域で河川の決壊が目立っていたからかもしれませんが、地震のことについてはあまり触れられていません。

戸建住宅のリフォームにおいて難易度が高いと言われるのが「耐震性能」「省エネ性能(断熱性能を含む)」「劣化性能」を向上させるリフォームです。そのリフォーム工事にて住宅の基本性能等を向上させる上では調査が必ず必要です。

持ち家を手に入れる際に、住宅総合展示場へ行き注文住宅、分譲建売住宅、新築マンション、既存(中古)住宅、中古マンションなどから幅広く検討されたり、新築マンションのみとか、注文住宅のみとかに絞り込んでどこから購入するのかを検討される傾向が多く見られます。

フラット35を利用して中古住宅を購入する場合には、適合証明が必要となります。新築でもそうなのですが、中古住宅を購入したのに住めないとか、すぐに修理が必要になるとかがないように住宅の購入者を守ると共に、住宅購入資金を貸し付けた住宅が不良債権にならぬように住宅金融支援機構は、中古住宅の技術基準を設けています。

2019年10月1日に【フラット35】制度が変更になりました。中古住宅購入で【フラット35】を利用しようとした場合に物件の適合証明書が必要です。今回の制度変更により、その適合証明書を必要としない物件が増えたのです。

スマホアプリにより様々なモノの中古品が流通していますが、中古品は新品のように保証がないのが当たり前ですよね。ところが中古住宅には、保証制度があるのです。しかし、実際に保証がついていない中古住宅を選んでしまっている人が多いのが実状です。その理由は?

スマホアプリにより様々なモノの中古品が流通していますが、中古品は新品のように保証がないのが当たり前ですよね。ところが中古住宅には、保証制度があるのです。しかし、実際に保証がついていない中古住宅を選んでしまっている人が多いのが実状です。その理由は?

スマホアプリにより様々なモノの中古品が流通していますが、中古品は新品のように保証がないのが当たり前ですよね。ところが中古住宅には、保証制度があるのです。しかし、実際に保証がついていない中古住宅を選んでしまっている人が多いのが実状です。その理由は?

新品にこだわる必要がないものを賢く 購入するのが現代の常識になり、新築 マンションよりも中古マンションを好 んで選ぶ人が少なくありません。しかし、中古住宅の場合には中古マンションのようにはなっていません。まだまだ中古住宅に対する抵抗感が強い状況です。

中古住宅や中古マンションを購入する前に実施しておきたいインスペクション。しかし、それには売主の承諾が必要。売主がインスペクションを実施した上で売りに出していれば、買主も安心して購入を判断できるかもしれません。

さらに表示する