ブログカテゴリ:中古マンション



仙台市内の分譲マンションの価格動向から考える住宅取得について

マンションを購入する際に必ずチェックする修繕積立金の月額。月々の負担額ばかりに目が行きがちですが、修繕積立金の目的は大規模修繕等によってマンションを維持するためです。仙台市内のマンションの修繕積立金の相場状況から考えてみましょう。

仙台市内の年別のマンション分譲棟数から考える中古マンション物件購入について

マンションは共同住宅であり、共用部の維持管理は必要。ゴミが落ちていたり、汚れたままだったり、電球が壊れたまま、蜘蛛の巣も、、、なんてならないために管理費が使われます。しかし、その管理費の滞納が問題に。

マンションの人気は高く、理想の生活が始まったと思ったのもつかの間。住戸間のトラブルに悩まされることが少なくないのもマンションの特徴です。

マンションの大規模修繕が売却のきっかけになるケース。住戸所有者にとってマンションは投資対象の場合には、少しでも高く売れるタイミングを逃したくない。

仙台市内では新しい中古マンション物件情報が毎日のように発生しています。どの中古マンション物件を選んだらよいのか、とても迷うところです。築古のマンションの場合には、購入後に想定以上の費用がかかる場合があるので注意が必要です。

中古マンションを購入する時には、必ず確かめて起きたいのが耐震性です。特に昭和56年以前の旧耐震基準で建築されたマンションの中には耐震性がないと判断されていても耐震改修をしていない物件が存在しています。

マンションの修繕積立金は、必要なものであり、区分所有者同士が協力しあって支出を減らす取り組みをすることで負担の軽減を図ることが求められる時代になっています。

長期修繕計画のないマンションが少なからずあります。中古マンションを購入する場合には、長期修繕計画の状況確認は必要です。

さらに表示する