カテゴリ:中古マンション



本日は中古マンションの購入を検討している人向け記事です。まだ試験的運用ですが、中古マンションは売り時を考えて購入される人が増えつつあるので参考になるかもしれません。

中古住宅や中古マンションの購入時の契約が成立した時に不動産業者から交付される書類があります。 それを37条書面と呼びます。 「契約締結後、遅滞なく交付する」ということになっており、宅建士の記名押印がされています。その記載事項の中に

「住宅ローンは低金利が続いており、住宅ローン減税などの利用によって実質金利負担がない」という話があったりして家賃並みで新築分譲マンションを購入出来るとして仙台市内ではマンション次々と建設されています。

中古一戸建住宅を選ぶ理由、中古マンションを選ぶ理由、民間賃貸住宅を選ぶ理由、それぞれに理由があり特徴があります。これから住まいの購入をご検討の場合には、新築注文住宅、分譲戸建住宅、分譲マンションに中古物件についての選択も加えてご検討ください。

マンションを購入する時に、他の人は年収の何倍くらいまでの価格のマンションを購入しているのかを気になったりしませんか?他人がどうなのかなどをまったく気にしないという人には、つまらないデータかと思いますが、ちょっとした参考になるかもしれません。

仙台市内には高級マンションが次々に建設され、マンション生活がステイタスのような印象です。 大都市圏ではマンションの人気が高いために週刊誌等にマンションに関連する記事が増えたように思います。 現在発売されている2つの週刊誌でも特集されていました。

新耐震基準のマンションだからといって、将来的に安心という思考が間違いだったら?  どうしてそうなるのかを考えてみましょう。

マンションを購入予定の方には、あまり聞きたくない、考えたくない、話になるかもしれません。マンションの建替えの実績状況からマンション購入について考えてみます。

新築の戸建住宅では、耐震等級3で建築するハウスメーカー・ビルダー・工務店が増えたような印象です。構造計算(許容応力度計算)まで行う工務店さんも少しずつ増加しているそうです。一方で中古住宅になると耐震性についての不安があります。そんな不安を払拭するために知っておきたいポイントがあります。

「家(戸建住宅)を建てる」という方のほとんどは将来売却するという考えを持たずに間取りや外観、外構をその時点でのライフスタイルや志向にてプランニングを進めます。 そのため建売よりも自由設計の 注文住宅を好む傾向になります。

さらに表示する