ブログカテゴリ:リフォーム



本日は、4月19日の記事「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の最後となる8項目「余剰空間の利用」について「余剰空間の活用でシニアライフを愉しむ方法」というタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155の7項目目「光・音・臭い・湿度等」について 「視力や聴力が低下した場合の生活の容易化」 というタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155の6項目目「設備の導入、更新」について 「リフォームする際には、高齢期の生活に適した設備を選択」というタイトルで 情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155の5項目目「主要動線上のバリアフリー」について転倒事故を機に心身の衰えへというタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155の4項目目「日常生活空間の合理化」について「アフター子育て住生活は日常生活空間の合理化が必須」 というタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の3項目目「トイレ・浴室の利用しやすさ」について これまでのトイレでは健康維持が難しい というタイトルで 情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の2項目目「外出のしやすさ」について 自家用車依存体質からの脱却で健康維持へ というタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の1項目目「温熱環境」について 最も難易度の高い温熱環境リフォーム というタイトルで 情報配信をしたいと思います。

長寿命化の時代になり、高齢になってからの住居で過ごす時間が長くなっています。 国土交通省では、プレシニア(50歳〜65歳)世代の早い段階において住まいの備えをすることが望ましいということで 「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」を公表しています。

築30年の2階建て住宅を減築して平屋建てにリノベーション! 2階をそのまま残しつつ、1階をスケルトンにしてリノベーション! このように思い切った「ホーム・ダウンサイジング」が新しいスタイルとして、子育てから解放されたプレシニア世代(50歳〜65歳)に喜ばれています。

さらに表示する