カテゴリ:リノベーション



その他生活関係 · 2021/01/01
あけましておめでとうございます。混沌とした世情での新年を迎えました。

その他生活関係 · 2020/12/31
大晦日になってしまいました。この仙台不動産情報ライブラリーの配信記事が本日で777号になります。 たまたまですがスリー7でおめでたく今年の締めになります。

本日は、これから住宅を購入する方向けに「子育てパパ建築士が選ぶリノベーション中古物件購入3つのポイント」というテーマにて記事を作成しました。

本日は、中古物件の購入を検討されている方向けに「リノベーション済み物件に注意」というテーマにて記事を作成しました。

新築 · 2020/07/27
リビングに2階へ上がる階段があるのってどのように思われますか? 好みが分かれるところですが、最近は珍しいことではありません。 憧れるみたいな方々は、ドラマや映画で見たおしゃれなリビングの印象が強いようです。

「リフォーム」という言葉を住宅業界で広まり始めたのが平成7年から9年頃です。それ以前は、増改築とか、改装とか、営繕と呼ばれるマイナーな仕事でした。 それが数年で消費者に認知されリフォーム工事を専門に営む業者が爆発的に増加し定着していきました。

住宅購入を購入する場合には、多くの人が新築から検討し始めるようです。それも「注文住宅」または「分譲新築マンション」からです。 戸建住宅を希望する人は、仙台エリアに住宅総合展示場があるので気軽に見学に行けます。 そのようにして「注文住宅」から検討し始めるようです。

当社は創業35年になります。創業期からの顧客様は、ご高齢になられています。 新築し、リフォームし、リペアやメンテナンスにて安全で快適な安心生活を過ごされていらしても大切にされていた自宅から住居を他に移されるケースが増えています。

日本はすっかり核家族化し、更に1人での生活を過ごす「おひとりさま」とい う言葉が定着しつつあります。転勤で単身赴任になるとそれぞれの生活になってしまうので単家族という表現にもなるみたいです。それでは、「核家族の対義語は何でしょう?」と質問されると

仙台市若林区の中古マンションを購入し流行のリノベーションで自分らしいライフスタイルを実現しようと思っていたのに、リフォーム業者と打ち合わせていたら、それが頓挫することになり愕然としてしまった!という事例です。

さらに表示する