ブログカテゴリ:リノベーション



当社は創業35年になります。創業期からの顧客様は、ご高齢になられています。 新築し、リフォームし、リペアやメンテナンスにて安全で快適な安心生活を過ごされていらしても大切にされていた自宅から住居を他に移されるケースが増えています。

日本はすっかり核家族化し、更に1人での生活を過ごす「おひとりさま」とい う言葉が定着しつつあります。転勤で単身赴任になるとそれぞれの生活になってしまうので単家族という表現にもなるみたいです。それでは、「核家族の対義語は何でしょう?」と質問されると

仙台市若林区の中古マンションを購入し流行のリノベーションで自分らしいライフスタイルを実現しようと思っていたのに、リフォーム業者と打ち合わせていたら、それが頓挫することになり愕然としてしまった!という事例です。

戸建住宅のリフォームにおいて難易度が高いと言われるのが「耐震性能」「省エネ性能(断熱性能を含む)」「劣化性能」を向上させるリフォームです。そのリフォーム工事にて住宅の基本性能等を向上させる上では調査が必ず必要です。

持ち家を手に入れる際に、住宅総合展示場へ行き注文住宅、分譲建売住宅、新築マンション、既存(中古)住宅、中古マンションなどから幅広く検討されたり、新築マンションのみとか、注文住宅のみとかに絞り込んでどこから購入するのかを検討される傾向が多く見られます。

9月2日の日本経済新聞朝刊3面に「マンション 中古が主役」という記事が掲載されました。今回は、新築よりも中古が主流になったマンションについて簡単にまとめてみました。

自分らしい生活を実現させようとする時に間取り・内装・デザインが固まっている新築マンションや戸建建売住宅よりも 中古マンションを購入してリノベーションという選択肢が人気です。仙台市内では新築マンション建築ラッシュが続いていることから、住み替え等による中古マンション物件が増加傾向になるので、優良物件をしっかりと探してリノベーションしてみましょう。

「次世代住宅ポイントで商品交換できるからお得ですよ!」には、どうやらなりそうもない印象です。消費税増税対策なのに、制約条件つけすぎた結果では?

次世代住宅ポイント発行申請手続きが6月3日(月)から受付開始しました。10月1日からの消費税増税の影響を軽減するための制度です。効果的に使えるよう内容をご確認ください。

家をキレイにする。不便さを解消する。長持ちさせる。などの理由でリフォームをしたのに、そのために違反建築物になってしまうケースもあるんです。

さらに表示する