失敗しない不動産購入術

仙台市内の旧市街地には古い住宅が少なからず現存しています。その中には、建て直したくても様々な制限があるために 所有者が断念しているケースがあるのです。 老朽化した建築物は そこで生活している人の 問題だけではなく 近隣住民の安全性にも影響を及ぼす 問題になってしまいかねません。

都内では新築マンションよりも中古マンションの人気が高くなっており、従来の中古へのマイナスイメージがかなり払拭されてきました。しかし、中古の戸建住宅に対してはまだまだマイナスイメージが払拭できていません。

マンションは新築後に定期的な大規模修繕を必要とします。マンション大規模修繕工事の発注等において、施工会社の選定に際し、発注者たる管理組合(マンション区分所有者等による団体)の利益と相反する立場に立つ設計コンサルタントの存在が指摘されています。

住宅総合展示場に出展しているハウスメーカーの住宅を見学するとアンケートと共にもれなくついてくるのが営業担当者です。マンションのモデルルームを予約して見学するともれなくついてくるのが 営業担当者です。中古住宅や中古マンションを購入するために不動産業者へ行ってももれなくついてくるのが営業担当者です。

どこの街に行っても駅前や街中そして団地内でも必ずあるのが不動産業者です。 普段あまり気にならないのが不動産業者だと思いますがアパートやマンションの部屋を借りようとする時には店頭に沢山貼られている物件情報を気になったりしますよね。

令和に入って最初の師走です。初冠雪そして初雪のニュースが各地から次々に入り、この冬の降雪がどのようになっていくのか気になるところです。近年、大雪での災害が増えているような印象です。

前回は、不動産価格指数について東北地方のマンション(区分所有)の不動産価格指数が全国でトップの情報をお伝えしました。国土交通省の不動産価格指数(令和元年8月・第2四半期分)に先立って同年11月15日に同じく国土交通省より令和元年第3四半期の地価LOOKレポートが公表されています。

令和元年11月27日に国土交通省が不動産価格指数(令和元年8月・第2四半期分)を公表しました。

全国各地にて自然災害が発生するので「その時はその時!」と開き直るというか「どうせ死ぬんだから」と覚悟を決めたかのようなお話をされる方にお会いすることがあります。住宅の耐震性能に不安があるものの売り込まれたくないという気持ちがそのような表現へと繋がっているのかもしれません。しかし、そのもしもの時が

不動産売買、特に持ち家を売却する時や 中古住宅を購入する時に不動産業者へ支払う仲介手数料が高いと思われる方が結構いらっしゃいます。この手数料は、宅地建物取引業法による

さらに表示する