失敗しない不動産購入術

戸建住宅のリフォームにおいて難易度が高いと言われるのが「耐震性能」「省エネ性能(断熱性能を含む)」「劣化性能」を向上させるリフォームです。そのリフォーム工事にて住宅の基本性能等を向上させる上では調査が必ず必要です。

持ち家を手に入れる際に、住宅総合展示場へ行き注文住宅、分譲建売住宅、新築マンション、既存(中古)住宅、中古マンションなどから幅広く検討されたり、新築マンションのみとか、注文住宅のみとかに絞り込んでどこから購入するのかを検討される傾向が多く見られます。

図は国土交通省が公表した分譲マンションストック戸数です。平成30年末時点でマンションストック総数は約654.7万戸になりました。折れ線グラフがストック戸数の推移であり、着実にストック数が増加していることが図より分かります。

フラット35を利用して中古住宅を購入する場合には、適合証明が必要となります。新築でもそうなのですが、中古住宅を購入したのに住めないとか、すぐに修理が必要になるとかがないように住宅の購入者を守ると共に、住宅購入資金を貸し付けた住宅が不良債権にならぬように住宅金融支援機構は、中古住宅の技術基準を設けています。

住宅を購入したい時。住宅を売りたい時。そんな時にはどこに頼むのか?コンビニとか、スーパーとか、カフェとかと違って普段づかいの店ではないため、やっぱりネットだよりになりますよね。 「家が欲しい」「住宅を買いたい」「住宅を売りたい」と入力して検索してみると

令和元年9月20日に国土交通省が令和元年都道府県地価調査を公表しました。気になるのは、宮城県仙台市の住宅地価が全国と比べてどのような状況なのか。これからも上昇していくのか、それとも下降していくのか。

親から親が住んでいた家と200坪の土地、6世帯のアパートを相続したとします。 200坪の土地は、3区画に分けられる長方形の土地です。

マンションは、あくまでも共同住宅です。見知らぬ他人同士が同じ住棟の中で生活を始めます。 なかなかお互いに顔見知りになりくい住人がいるため、居住者以外の人間が建物へ入ってきても居住者なのかどうか、見分けつきません。

スマホアプリにより様々なモノの中古品が流通していますが、中古品は新品のように保証がないのが当たり前ですよね。ところが中古住宅には、保証制度があるのです。しかし、実際に保証がついていない中古住宅を選んでしまっている人が多いのが実状です。その理由は?

スマホアプリにより様々なモノの中古品が流通していますが、中古品は新品のように保証がないのが当たり前ですよね。ところが中古住宅には、保証制度があるのです。しかし、実際に保証がついていない中古住宅を選んでしまっている人が多いのが実状です。その理由は?

さらに表示する