失敗しない不動産購入術

中古(既存)住宅の売買やリフォーム工事を行う場合などに業者(不動産業者、住宅業者、リフォーム業者、調査会社など)が行っている調査方法とその調査結果に対する評価について、従来はその業者独自の基準にて実施されてきました。

マンションを購入すると毎月管理費が支払わなければなりません。 エレベーターや共同廊下等の照明、清掃など日々の維持管理が必要だからです。 管理人さんも日中に常駐するマンションもあれば、

TOTOとかLIXILなど住設機器メーカーの営業車には社名がすぐに分かるLOGOマークが貼ってあります。 他の業種でも大手企業の営業車の多くにもやはり社名が分かるLOGOマークが貼ってあります。 しかし、大手ハウスメーカーや大手不動産会社の場合には、

令和2年6月26日に公表された令和2年3月・令和2年第1四半期分不動産価格指数(季節調整値)によると全国の住宅総合は前月比0.1%増の114.2(前年同月比0.7%増)、住宅地は99.0(対前月比3.2%減)、戸建住宅は102.0(対前月比0.8%増)、マンション(区分所有)は151.7(対前月比0.5%増)でした。

30年ほど前のエピソードです。その当時、当社は大手ハウスメーカーの下請けをしていました。 当時は、創業からまだ数年、下請け会社として後発だったことから、面倒な仕事が舞い込んでくる傾向が強かったのです。

このところ毎日のように全国のどこかで震度4クラスの地震発生のニュースが入ってきます。 宮城県に長年居住していると震度4程度までなら驚きもしない人が少なからずいらっしゃいますが、(私もそのひとりで、先日の震度3の時は車の運転中で気づきもしませんでした。)

仙台市内に次から次へと売りに出されている中古マンションや中古戸建住宅には、リフォーム済み物件が多く見られます。 私の住まいがある団地内や隣の団地でもリフォーム工事を

「安心R住宅」について、制度が始まって2年経ちました。しかし、住宅業界・不動産業界関係者以外の人で「安心R住宅」という言葉を聞いたことがあるという人にまだ1人も会ったことがありません。 そうして「消費者が安心して購入できる中古住宅なのです。」みたいな説明をすると

仙台市内には中古住宅売却物件が増加しています。空き家が増加している中で売却物件も増加していることはこれから流通量が増加することを期待できます。 そのような中古住宅市場ですが、流通量を把握する上で参考になるのが、国土交通省が試験運用している「既存住宅販売量指数」です。

当社は創業35年住宅ひと筋の住宅専門店です。創業からしばらくは、ハウスメーカーや工務店の下請けで戸建住宅とアパートの新築工事を行っていました。 その頃、仙台市や合併前の泉市(現泉区)では、道路に埋設する下水道本管工事が進められており、

さらに表示する