リノベーション・リフォーム

「一般の方に家を長持ちさせるには、どうすればいいと想いますか?」と質問をするとちょっと困りつつも「屋根とか外壁を塗装する」と回答される方が一般的です。 メーカーや建材商社などの住宅業界関係者や施工する会社や職人でもそのように思い込んでいる人が結構多いのです。

梅雨なのにこうも暑いとやっぱりエアコンは必需品です。 でも、エアコンをかけた室内にずっといると体調を崩してしまうのも毎度のこと。 同じような悩みを抱える人は決して少なくないようです。 まして今年は特に体調を崩して風邪などを引いてしまったら「大丈夫だろうか?」と不安になってしまうかも。

見慣れているとは言え、見る度に「うわっ」と思うのが水道配管内の赤さびです。近年の新築工事では、使用することがなくなりましたが、水道の配管に鉄管を使うのが一般的でした。

若かった頃、現場施工の修行を経て現場の段取り手配を行うようになってから困ったことがありました。体験したことがある工事についてはイメージがつくものの応用が必要な工事や未経験の工事については、職人さん達との打合せによって予算立てや施工計画を立てなければならなかったのです。

この季節、20年を過ぎた住宅が多い団地内では至る所で足場が立っています。 屋根とか外壁の塗り替えが行われているんですねぇ。 「外壁や屋根が汚れたから洗浄して塗装してキレイにしましょう!」ということです。

マンションに居住する友人宅へ遊びに行った時に玄関扉がやたら重たく感じたことがありませんか。長年居住していると それが当たり前になってしまいますが、最近の指一本でも開閉できる玄関扉が当たり前になっていると古いマンションの玄関扉がやたら重たく感じてしまうのです。

仙台市では、地震に強い安全な街づくりを目指すために、一定の条件を満たす 戸建木造住宅等の「耐震診断支援」の実施を仙台市が低料金で行う、「仙台市戸建木造住宅耐震支援事業」を実施しています。

地球温暖化対策として定着したクールビズ、コンビニエンスストアのレジ袋有料化も始まり、環境対策が着々と進められている中、住宅についての省エネ化等の推進のため環境省が補助金を用意しています。

昨年の東日本台風により宮城県内も大きな被害を受けてしまいました。 最近の報道では被災地にはまだまだ被災の爪痕が残っており、不自由な生活が続いる様子が伝えられています。 東日本台風では、河川の氾濫や土砂災害そして強風による家屋損壊被害が多くありました。

戸建住宅リフォームというと大概似たようなことを行うように思われていますが、意外にも戸建住宅リフォームは奥が深くて戸建住宅を新築するよりも難易度が遙かに高くなっています。

さらに表示する