リノベーション・リフォーム

人生100年時代の長寿命化社会でシニア世代の中には、家族や親戚に迷惑をかけたくないと思われる方が数多くいらっしゃるようです。そのためにはなんと言っても健康寿命を延ばすことが大切ですよね。

補助金を活用した住まいづくりについての情報提供のセミナーを開催してからもうすぐ丸5年になります。この5年間で500回弱のセミナーを仙台市を中心に開催してきました。

台風15号により送電線や電柱が損壊したことで千葉県では長い停電になりました。電柱1,996本が損壊や傾斜してしまったと令和元年10月25日に東京電力パワーグリッド株式会社が公表した「停電復旧に向けた対応等について(報告)」に記載されていました。

日本はすっかり核家族化し、更に1人での生活を過ごす「おひとりさま」とい う言葉が定着しつつあります。転勤で単身赴任になるとそれぞれの生活になってしまうので単家族という表現にもなるみたいです。それでは、「核家族の対義語は何でしょう?」と質問されると

リフォーム工事をどこに頼んだら良いのか分からない、決められないと悩まれる方が沢山いらっしゃいます。新聞折込のチラシやインターネット検索などにて「リフォーム相談会」や「リフォームセミナー」「完成見学会」などのイベント告知が目白押しで、どこに行くのがいいのかなども迷われる方が少なくありません。仙台市にはリフォーム工事を営む業者が1000社を超えていると言われ、ホームセンターや家電量販店もリフォームコーナーを設置して営業しています。

日本列島を襲った最強台風19号。仙台では台風19号により、12日から緊急速報が 12日13:16 避難準備・高齢者等避難開始 12日17:03 警戒レベル4 避難勧告発令 12日20:13 警戒レベル4 避難勧告発令 12日21:05 避難指示(緊急)発令 12日21:25 避難指示(緊急)発令 12日23:10 特別警報発表 12日23:47 警戒レベル4 避難勧告発令 13日02:28 災害発生情報発令 という具合にスマホがその都度鳴り響きました。

仙台市内には住宅リフォームを営む業者が1000社を超えると言われています。 『言われています』という表現になるのは、行政でも業者の実数を把握することができないからなのです。住宅リフォームは、建設業法による29種類の建設業(2種類の一式工事業と27種類の専門工事業)のいずれかの許可を受けていなくても営業として行える工事が多いからなのです。

秋になると仙台市内の住設機器メーカーのショールームやイベントホールなどでリフォームの相談会やセミナーなどのイベントが数多く開催されています。住宅業界ではない業界業種までリフォームのイベントやキャンペーンも開催しており、生活者はどこに頼んだら良いのか見当がつけられない状況のようです。インターネットが普及したのに、業者選びがより難しくなってしまったような印象です。そのようなお困りの仙台市内にお住まいの方へ朗報です。

台風15号による被害は、日が経つほどに状況が明らかになり、被害の大きささは想像を超えたものになっています。 屋根が壊れてブルーシートをかける作業中の落下事故も多い状況のようです。

9月になったのにまだまだ暑い日が続きます。湿度も高くてムシムシ感が強くエアコンを使わずにはいられません。除湿と冷房の使い方によって電気使用量が増えてしまうことも。

さらに表示する