ライフプランニング

健康長寿を目指しているあたな向けに、 健康寿命と平均寿命の格差と宮城県の男女の健康寿命格差についての情報をまとめてみました。

前々回、前回と親から相続した空き家についての記事をお伝えしました。親の家を相続した時に相続税を納めているのに 売却して現金化したらどうして所得税がかかるのか? という疑問を持たれた方が いらっしゃいました。

前回の記事への補足です。親から相続した住居が空き家になっていた場合に「空き家の譲渡所得3,000万円の特別控除制度」を利用すると、家屋または土地の譲渡所得から最大3,000万円まで控除を受けることができます。

今回は、親の家を相続した方が残念な思いをされたケースについてお話します。 古い家でしたが、親が適切なリフォームをしていたので、賃貸にしようと考えていました。ところが

「今年もまたかぁ」とテレビの水害被害のニュースを視て沈痛な気持ちになっています。画面を通すと遠い出来事に感じてしまう側面がありますが、昭和53年宮城県沖地震や東日本大震災を体験し、阪神淡路大震災では復旧支援作業に従事し、平成28年台風10号では、妻の実家がある岩手県岩泉町にて義理の両親や親戚が被災、すぐに車で行くにも道路が寸断されて行けずという様々な体験等を経ているので、災害の大変さについては知っているつもりです。

仙台市泉区がまだ泉市だった頃、昭和の頃になりますが全国自治体の人口増加率で上位に入るほど住宅が建築されていました。 仙台市のベッドタウンとして賑わっていくようになりやがて仙台市に合併されました。 かつての泉市のように仙台市のベッドタウンとして人口が増加しているのが現在の富谷市です。

人口100万人を越え、中心市街地に次々と分譲大規模マンションが新築され仙台市泉区の郊外には分譲開始が待たれる大規模団地が造成されている仙台市ですが、新築物件の供給が進む一方で空き家も増加しているのです。

住宅を購入する際に、住宅ローンを利用される場合が一般的です。その場合に「ライフプラン」を検討するケースが増えています。それでは「ライフプラン」とはどのようなことなのかを分からないままという人も少なくないようです。

全国各地、都会も地方も市街地も郊外も田舎も仙台市内でも空き家の増加が続いています。空き家の増加による社会問題が深刻化しつつありテレビ番組でも空き家問題が何度も取り上げられています。

自宅は、ハウス(プレハブ)メーカーの下請け時代に購入した軽量鉄骨造2階建て住宅です。 いろいろと事情があって賃貸住宅にしていた時期がありました。 家賃収入があるので確定申告していました。

さらに表示する