ライフプランニング

親が所有していた老朽化した家(空き家状態)。修理をしても居住出来るようにするには数百万円の費用が必要。すでに自宅を所有しているため、直して住むわけでもなく、賃貸にするにしてもそれだけの費用をかけてまで行うのも収支が見合わない。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「相続の効力等に関する見直し」があります。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「遺留分制度に関する見直し」があります。

明日から8月になります。この7月1日より施行された改正民法の相続法関係ですが、1ヶ月が過ぎたものの思っていたほど話題に上がっていない印象です。

田舎から仙台へ来て就職した人の中には、親の介護のためにUターンをしていくという方がいらっしゃいます。スイコーの棟梁もそのひとりです。これまでのキャリアを手放し、地元へ帰って行きました。数年前に取引先メーカーの担当営業さんも会社を辞めて実家へ戻っていかれたケースがありました。

令和という新しい時代において求められる住宅には、「豊かな生活空間」を求める傾向が強まっていきそうです。自宅での生活時間が増えていくことが予測されているからかもしれませんが、テレビを中心に生活を成り立たせていた昭和の高度経済成長時のスタイルから、完全に脱却した新しい生活へとシフトしそうです。

家の購入は目的でもゴールでもありません。それは、誰もが分かっていることのはずなのに、いつしか目的になってしまう傾向があります。50年以上のスパンでの住居の確保という視点が必要な時代になっています。

従来の「住宅すごろく」でのスタイルでは通用しない時代になり、持続可能な「新住宅すごろく」が必須になりました。住宅事情や住生活の変遷から、その時流を読み取り失敗しない住宅購入を検討するための情報記事です。

生活設計(ライフプランニング)を立てるのが当たり前ではなく、立てない世帯の方が多い。生活設計を必要としないのか、どうすれば生活設計を立てられるのかが分からないのか。人生100年時代にあって生活設計の要否を考える記事。

自分自身の老後生活に対する不安が、過剰過ぎではいないだろうか?楽観過ぎていないだろうか?人生100年時代の長寿命化時代にあって、老後のライフプランをどのようにすればいいのか? 日本銀行によって毎年実施されている調査データにより、一般的に老後生活についてどのような傾向があるのかを確認してみましょう。

さらに表示する