ライフプランニング

子育て世代になり、友人グループの動向でマイホーム所有についての志向に影響を受けるようです。購入時期のタイミングを外すと購入した後の生活が大変になるケースも少なくありません。どのタイミングがベストなのかを把握したいところですね。

仙台市内に戸建住宅かマンションを購入するのか、それとも賃貸に住み続けていくのかを迷われる方が少なくありません。30年とか35年の住宅ローンを支払い続ける重たさは嫌だなぁと考えるのは ほとんどの方に共通した思考だと思います。

消費税率が10%に上がったら北欧並みに20%台が必要みたいなエコノミストの発言があったり住宅を購入しても将来の負担が増えることや空き家が増加しているのだから賃貸で生活していくべきという発言を耳にしました。

日本では、子育て世代がアパートの2DKで生活し、2人もしくは1人暮らしになってしまった高齢者が4LDKの戸建住宅で生活しているケースが増えています。 都市部への人口集中や空き家の増加など様々な要因によってライフステージと住居のミスマッチが増えているという状況です。

給与振り込みされている金融機関に行って住宅ローンの相談をしてみたものの、審査が通らずに断られてしまったとしたなら、少なからずショックを受けてしまいますよね。

賃貸マンションに住んでいる独身者より 中古マンション購入についての相談があ ります。仙台市内では新築マンション建築ラッシュが続いてきた影響で、良質な中古マンション物件も増えて来ていることや、

高齢化が進む状況から目をそらさずに早い段階から高齢後の住居について考える機会。

親が所有していた老朽化した家(空き家状態)。修理をしても居住出来るようにするには数百万円の費用が必要。すでに自宅を所有しているため、直して住むわけでもなく、賃貸にするにしてもそれだけの費用をかけてまで行うのも収支が見合わない。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「相続の効力等に関する見直し」があります。

この7月1日より施行された改正民法 (民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)による相続関係に「遺留分制度に関する見直し」があります。

さらに表示する