ライフプランニング

仙台市泉区がまだ泉市だった頃、昭和の頃になりますが全国自治体の人口増加率で上位に入るほど住宅が建築されていました。 仙台市のベッドタウンとして賑わっていくようになりやがて仙台市に合併されました。 かつての泉市のように仙台市のベッドタウンとして人口が増加しているのが現在の富谷市です。

人口100万人を越え、中心市街地に次々と分譲大規模マンションが新築され仙台市泉区の郊外には分譲開始が待たれる大規模団地が造成されている仙台市ですが、新築物件の供給が進む一方で空き家も増加しているのです。

住宅を購入する際に、住宅ローンを利用される場合が一般的です。その場合に「ライフプラン」を検討するケースが増えています。それでは「ライフプラン」とはどのようなことなのかを分からないままという人も少なくないようです。

全国各地、都会も地方も市街地も郊外も田舎も仙台市内でも空き家の増加が続いています。空き家の増加による社会問題が深刻化しつつありテレビ番組でも空き家問題が何度も取り上げられています。

自宅は、ハウス(プレハブ)メーカーの下請け時代に購入した軽量鉄骨造2階建て住宅です。 いろいろと事情があって賃貸住宅にしていた時期がありました。 家賃収入があるので確定申告していました。

長期優良住宅を対象にした最長50年のフラット50もあって住宅購入の際に住宅ローンを利用する場合に、妥当な返済期間がいったいどのくらいなのだろうかと不安になられる方が沢山いらっしゃいます。

仙台市内の土地価格は上昇傾向が続いているために住宅を購入する場合にはめいっぱいの住宅ローンになってしまう傾向あります。 買える上限に近い住宅を選ぶということです。しかし、そのような住宅購入方法が将来の生活のお金の負担感を重くしてしまいかねません。

「家(戸建住宅)を建てる」という方のほとんどは将来売却するという考えを持たずに間取りや外観、外構をその時点でのライフスタイルや志向にてプランニングを進めます。 そのため建売よりも自由設計の 注文住宅を好む傾向になります。

子供が生まれ、あれよあれよという内に育っていく我が子。マイホームをどのタイミングで購入しようかと考え始めたものの、1年が過ぎ、2年が過ぎ、気がつくと子供がこの春には小学校へ入学というようなご家庭は決して珍しいことではありません。

両親は現在仙台市中心部のマンションに居住しています。 東日本大震災にて、泉区八乙女中央に居住していた一戸建住宅が大規模半壊になってしまい、修理そして建替を検討したものの先々のことを考えて仙台市中心部にマンションを購入して住んでもらうことにしました。

さらに表示する