お金・ローン・税金・補助金

多くの人が家を購入する場合に住宅ローンを使います。そしてそのほとんどの方が初めてのことになります。どこから借りるのかについては、銀行からということをお分かりですが、実際に借りる場合にはとなった場合に、給料振込されてい る銀行口座のある支店から借りるものという思考になっている様子です。

昨日、七十七銀行と住宅金融支援機構が 主催した「リバースモーゲージセミナー」へ参加してきました。「リバースモーゲージ」という名称は少しずつ認知度が上がってきた印象ではあるものの、住宅事業者で働いている人ですら知らない人が少なくないのが現状です。もしかしたら参加者が数人程度ではないかと思いつつ会場へ行ったら、定員に達しているような多さに正直驚きました。

家を購入するとセットで加入するのが一般的な火災保険。生命保険と同じように価格の安いネット加入が増えている様子。営業マンの人件費が不要になることでコストダウンになっているようですが、状況に応じて選択した方がいい場合も。

高齢期に入って預貯金が結構あっても「老後への不安」として自宅の老朽化だったり、冬寒く、夏暑くてもガマンする生活をされている方が多い状況下にあって、金銭の不安が軽減されて生活が改善されるウソのような方法があります。

住宅リフォームの適齢期は築15年から築30年になります。建物の劣化や設備の交換時期による場合とライフステージの変化による場合にリフォームが行われるのが一般的です。 スイコーは創業35年目になりますが、これまで携わってきたリフォーム工事の9割以上が現金支払いでしたが、

次世代住宅ポイント制度が消費税率引上げに伴い活用することができます。リフォームにおいて通常30万ポイント/戸が上限のところを45万ポイント/戸に引き上げられるのが「安心R住宅」です。

2019年7月1日に国税庁により路線価が発表されました。宮城県は路線価上昇率において全国3位でした。仙台市内も路線価が上昇している土地が多くなっています。路線価から相続税評価額を概算する方法を解説していきます。

2019年7月1日に国税庁が発表した路線価上昇率において宮城県は全国3位でした。路線価は相続税や贈与税の税額を算定する基準になります。自己所有の住宅をリフォームするのか、建て替えるのか、それとも売却して住み替えるのかを検討する上での路線価との関係性について。

住宅を取得する場合には、住みたい場所、欲しい物件、好みのデザイン、安心できるハウスメーカーなど、住宅取得にあたって様々な条件により絞り込まれて購入に至ります。短い期間に沢山の情報について検討しなければならないため、結構しんどい思いをします。その内に、欲しい物件を取得するためにめいっぱいの購入価格になってしまうことも。

住宅ローンを組めるから家を購入できる という思考だけでは、将来への不安要素 が拡大してしまいます。そこで、お薦めしたいのが「取得後40年間の年間収支の推移予想」と「金融資産残高の推移予想」です。

さらに表示する