お金・ローン・税金・補助金

消費税率10%になると、3000万円の新築工事では消費税が300万円。500万円の住宅リフォーム工事では消費税が50万円になります。300万円の消費税を納める。50万円の消費税を納める。 と考えると かなり重たい負担感です。

長期優良住宅もしくは認定長期優良住宅という言葉を聞いたことがありますか。 家の購入を検討されている方でも何となく目にしたことがある程度かもしれませんね。

一般的な戸建住宅の場合に借りられる 住宅ローンがフラット35です。 技術レベルが高い戸建住宅の場合には金利が低くなるフラット35S(金利Aプラン)、フラット35S(金利Bプラン)が使えます。 金利が低くなるフラット35Sを利用するには、それぞれ設けられた基準を満たすことが条件になります。

戸建住宅の新築において、これまで最低基準レベルの建築が多かったことで、性能の高い住宅を増やすために政策的に金利優遇にてこのような措置が設けられています。

子供頃から親しんできたというかワクワクしていたどんど祭。裸参りは2度しか やっておらず、いつの間にかワクワク感が薄れてしまっていたかなぁ? どんと祭は宮城ならではの風習だと知ったのもいつだったか?

昔、ハウスメーカーの下請けをしていた頃、ハウスメーカー社員の方々は結婚してお子さんが誕生すると数年後にはほとんどの方が同社の新築住宅を建てていました。そしてそれから間もなくすると

令和元年12月13日に国土交通省が令和元年11月末時点での次世代住宅ポイント制度の実施状況を公表しました。 次世代住宅ポイント制度は、消費税率10%への引き上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して商品と交換できるポイントを付与されるものです。

フラット35の12月金利は先月より0.04%増になりました。とは言え低金利が続いています。


これまで手続きが分かり難かった住宅リフォーム減税減税の工事証明書が平成29年4月より統一化されています。従来は住宅リフォーム減税に係る工事証明書は、減税を受ける税目や、施工した工事内容によって4種類に分けて定められていました。

さらに表示する