本日は、前々回の記事「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155の5項目目「主要動線上のバリアフリー」について転倒事故を機に心身の衰えへというタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155の4項目目「日常生活空間の合理化」について「アフター子育て住生活は日常生活空間の合理化が必須」 というタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の3項目目「トイレ・浴室の利用しやすさ」について これまでのトイレでは健康維持が難しい というタイトルで 情報配信をしたいと思います。

本日は、前々回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の2項目目「外出のしやすさ」について 自家用車依存体質からの脱却で健康維持へ というタイトルで情報配信をしたいと思います。

本日は、前回の記事 「健康で快適な暮らしを実現する8項目」column155 の1項目目「温熱環境」について 最も難易度の高い温熱環境リフォーム というタイトルで 情報配信をしたいと思います。

長寿命化の時代になり、高齢になってからの住居で過ごす時間が長くなっています。 国土交通省では、プレシニア(50歳〜65歳)世代の早い段階において住まいの備えをすることが望ましいということで 「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」を公表しています。

住居のトレンドを掴める住宅市場動向調査の平成30年度版が平成31年4月16日に国土交通省により公表されました。 これは平成29年度中(平成29年4月〜平成30年3月までの住み替え・建て替え・リフォームを行った世帯を対象に調査したものです。 特に三大都市圏を中心にした調査になっているので、日本人の住居に対するトレンドが現れているものと考えます。

東日本大震災の時に、断水になりとても困りました。 マンションではちょっとの間、水が出ていたのでお風呂に溜め置いたという方がいらっしゃいました。 高層階に住んでいた方が、それをトイレの水に使えたので助かったというエピソードもありました。 蛇口から出ていた水は、屋上等に設置されている高置水槽に溜まっていた水です。

春になると団地内には、至る所に足場が立っていきます。 仙台は雪がそんなに多くなく、冬期間も塗装工事を行えているのですが、 「暖かくなったら」 とのお客様の要望が多くて、 春になると一斉に外壁や屋根の塗装工事が始まるような印象です。 スイコーの顧客様も、そのようなご要望があって春になると外壁屋根等のメンテナンス工事が多くなります。

築30年の2階建て住宅を減築して平屋建てにリノベーション! 2階をそのまま残しつつ、1階をスケルトンにしてリノベーション! このように思い切った「ホーム・ダウンサイジング」が新しいスタイルとして、子育てから解放されたプレシニア世代(50歳〜65歳)に喜ばれています。

さらに表示する