「資産価値重視」の住宅購入 仙台不動産情報ライブラリーcolumn5

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント

仙台不動産情報ライブラリーを運営していますスイコーの澤口です。

 

 

本日は

「資産価値重視」の住宅購入

 

というタイトルで情報配信をしたいと思います。

 

○はじめての住宅購入

住宅購入を何度も経験する人はまれです。初めの購入だから何が正しいのか情報を集めれば集めるほど訳が分からなくなってしまうのが一般的です。そのうち、考えることが面倒になり営業マン任せで決めてしまいかねません。そんな状況に陥る前にたまたま目にしたセミナー広告で悶々としていた日々が霧が晴れるようにスッキリとし、そして新しい生活をスタートされたSさん家族のエピソード。

 

 

○物件探しで疲れ果て

何を基準に住宅購入をするのか半年間も迷走。セミナーを受講して考え方が変わりました。当初は新築も検討されていたSさん。予算からすると出てくるのは郊外の物件ばかり。そのうちにリノベーションという方法を知り、中古マンション物件に興味を持つようになりました。

リノベーションすれば築年数を気にせず駅近の物件を選べると思ったそうです。ところが、仙台市内の不動産会社を訪ねていくと、リノベーションには「800万~1000万円ぐらいはかかります」とどこでも言われ、自分たちの予算からリノベーション代金を引いた価格帯となる、築40年以上の物件ばかり勧められたのです。

 

内装は確かに綺麗になるものの、天井は低いし大きな梁もあるし、そもそも資産性がないのではと疑問を感じました。そんな時にセミナーの情報に出会い、セミナーへ参加することにしたそうです。

 

 

○住宅購入セミナー『買ってはいけない不動産とは?』

「場所なのか、価格なのか、築年数なのか、リノベーションなのか…いろんな情報がいっぱい入ってきてしまって何を基準に選んで良いか半年間も迷走してましたが、セミナーを受けて考え方が変わり、スッキリしました」とSさん。それから半月ばかりで今の物件と出会いました。Sさんが購入した物件は、仙台市地下鉄の最寄駅から徒歩4分という好立地の築15年のマンション。

新築分譲時3,800万円で売りに出ていたお部屋で、当該マンションや周辺物件の取引事例から妥当な金額であると判断、当初考えていた予算を少しオーバーしましたが、購入を決断されました。

 

 

○資産価値が下がりにくい物件を選択

中古だから全体的に綺麗にリノベーションしようという考えを改め、活かせるものはそのまま活用し、必要最低限のリフォームにすると判断。結果的にSさんが実施したリフォームはお風呂の交換と床材とクロスの交換程度に収まりました。家探しに苦労しましたが、結果的に資産価値が下がりにくい、満足のいく住宅購入を実現できました。仙台市郊外の新築案件ではなく、築古リノベーション案件でもない、熟慮の末にたどり着いた結論。

 

 

○選択基準というモノサシがあると

 納得できる物件に出会えるのはタイミングです。2年以上かけても望む物件に出会えないケースも珍しいことではありません。

何を優先するのか明確にしてそのモノサシにて探すことで納得ゆく住宅購入へと繋がります。

 

 

 

仙台市内で活動する仙台不動産情報ライブラリー

(運営:株式会社スイコー)の澤口(さわぐち)でした。

 

 

余談

29年前に仙台市泉区の建売を購入しました。ハウスメーカーの下請けだったので継続的に仕事を頂くためには必要でした。そのため、気に入ってもいない間取り・外観の住宅です。時はバブル期、高い買い物でした。数年居住した後に賃貸にして親と同居したりマンションに住んだり賃貸住宅に住んだりと引っ越しを繰り返しました。大家としての立場、借家人としての立場、両方について仙台市内の複数の不動産業者さんと賃貸仲介のやりとりを経験しました。

 

業者の担当者は私が一級建築士として住宅のプロであることが分かると、態度が変わりやりにくそうにしていました。そんなこんなで住宅の造り手の視点に住宅の流通の視点が加わり不動産事業を行うようになり住生活コンサルタントとしての今があります。

 

 

何かご不明な点等はお気軽にご連絡ください。

 

仙台不動産情報ライブラリー(運営:株式会社スイコー)

Tel:022-374-0011

 

※不動産事業者間の情報が毎日届くAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/robo

簡単な説明はこちら

 

※買ってはいけない物件が分かるAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/

簡単な説明はこちら