内見のときはゴミ捨て場を確認しましょう 仙台不動産情報ライブラリーcolumn3

こんにちは! 仙台市の不動産エージェント

仙台不動産情報ライブラリーを運営していますスイコーの澤口です。

 

 

本日は

内見のときはゴミ捨て場を確認しましょう

 

というタイトルで情報配信をしたいと思います。

 

 

○内見のときに見逃していけない重要なポイントとは

いい物件は買い手がすぐにつきやすいものです。それなのに、人の心情としては「もっといい物件があるかも」と思ってしまい、他の物件を見にいっているうちに時すでに遅しなんていうこともあり得ます。

 

そんな状況なので、内見の際には気に入ったポイントばかりに目が行きがちです。特にマンションでは専有部分、戸建では建物ばかりを見てしまうんですね。専有部分、戸建建物はリノベーションによって間取りを変えたり好みのテイストにすることが可能だからです。

 

いろいろ確認するポイントはありますが、住宅のプロというよりも、10回の引っ越し、アパート、貸家、戸建住宅、マンション

など様々な居住体系を体験した生活者として見逃してはいけない重要なポイントなのが、ゴミ捨て場です。

 

 

○ゴミ捨て場を見ると分かること

屋外にごみ捨て場がある場合は、ほぼ100%、決められた日時にごみ出しが必要です。マンションの場合、場合によっては建物に

「ごみ捨て部屋」のようなものがあり、24時間ごみ捨てが可能だったりします。(もちろん分別ルールや、缶やビンは洗って出したり…ルールは守りましょう。)

 

戸建の場合、自宅建物から少し離れたところに、近隣住民と共用であったりもします。この場合、「ごみ捨て場」の土地が共有名義になっており、売買契約対象になっているケースもあります。そこで近隣住人の常識度や管理状態が感じとれたりします。

 

ルールが守れない人ばかりが住んでいるマンションやエリア、嫌ですよね?

ご近所付き合いにも影響しそうです。引っ越して早々近隣トラブル…嫌ですよね。しかもどうしようもありません。

 専有部分はリフォームしてしまえば新品になりますが、共用部分はそこに住む近隣住人の意識に直結します。

 

是非内見の際は、臭い、汚いと思わずごみ捨て場を必ず確認してみてください。掃除当番が回ってきて、必ずその場所を掃除することになるからです。

 

 

○ゴミ捨て場とモラルの関係?!

常にキレイに掃除してあれば汚れても短時間でまたキレイに出来ますよね。しかし、いつでも汚ければどうでしょう。あなたが、一生懸命に掃除してキレイにしても翌日にはまた散乱。なんだか分からない液体がこぼれていたり腐ったものがそのまま捨てられていたり、燃えるごみの日に燃えないごみが置かれていたりしたら嫌になってしまいますよね。

 

割れ窓理論では、ごみのポイ捨てが頻発すると軽犯罪が起きやすく、住民のモラルが低下し、更に環境が悪化していく、そして凶悪犯罪へと繋がっていくと言われています。ごみ置き場からその団地区画やマンションを観察するという視点は大切です。

 

 

仙台市内で活動する仙台不動産情報ライブラリー

(運営:株式会社スイコー)の澤口(さわぐち)でした。

 

Tel:022-374-0011

 

※不動産事業者間の情報が毎日届くAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/robo

 

※買ってはいけない物件が分かるAI情報ツールは

下記よりご利用下さい。

https://self-in.com/sendai-izumi01/